Ilya Kaler (イリヤ・カーラー)

ヴァイオリニスト ロシア (Russia)

Ilya Kaler (イリヤ・カーラー)。ロシアの男性ヴァイオリニスト。1963年6月2日生まれ。

パガニーニ国際コンクール(1981年)、シベリウス国際ヴァイオリン・コンクール(1985年)、チャイコフスキー国際コンクール(1986年)という世界的な権威のあるヴァイオリンの3つのコンクールで優勝。オーケストラ奏者の家に生まれたイリヤ・カラーは、幼い頃から音楽の才能を発揮。モスクワ音楽院の特別優秀な子供のための中央音楽学校で、ジナイダ・ギレルズに、同音楽院ではレオニード・コーガンとヴィクトール・トレチャコフに師事し、修士号と博士号を取得し、金メダル賞を受賞して卒業した。また、キエフとロサンゼルスでアブラム・シュテルンに個人的に指導を受けた。1996年から2001年までロチェスター・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを務めた。ソリストとして、レニングラード、モスクワ、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団、モントリオール交響楽団、デンマーク、ベルリン放送交響楽団、モスクワ、チューリッヒ室内管弦楽団、ボストン・フィルハーモニー管弦楽団、デトロイト、ボルチモア、ランシング、シアトル交響楽団、ワシントンD.C.のケネディ・センターなどと共演している。 また、ドイツ、アイルランド、イスラエル、イタリア、シンガポール、韓国、台湾、イギリス、ベネズエラで公演を行っている。日本では、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、広島交響楽団と共演している。ニューヨーク州ロチェスターのイーストマン音楽学校、インディアナ州ブルーミントンのインディアナ大学音楽学校、イリノイ州シカゴのデポール大学音楽学校、クリーブランド音楽院のヴァイオリン教授を務めた。チャイコフスキー国際コンクールをはじめ、世界各地のバイオリンコンクールの審査員を務めている。録音活動も積極的に行っており、イザイ、バッハ、ブラームス、シューマン、ショスタコーヴィチ、グラズノフ、シマノフスキ、ドヴォルザーク、パガニーニ、チャイコフスキー、メシアンなどの作品を収録したCDをリリースしている。ソロCD「Ilya Kaler, violin」は、1995年のNAIRD Indie Awardのソロ・クラシック部門にノミネートされた。

"イリヤ・カーラー"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"イリヤ・カーラー"のおすすめYoutubeビデオ

Heifetz 2015: Ilya Kaler | Kreisler: Recitativo und Scherzo

Heifetz 2015: Ilya Kaler | Kreisler: Recitativo und Scherzo

Ilya Kaler - Bach, Gavotte en rondeau (HQ)

Ilya Kaler - Bach, Gavotte en rondeau (HQ)

MEET THE PROS | Violinist Ilya Kaler – VC 20 Questions [INTERVIEW]

MEET THE PROS | Violinist Ilya Kaler – VC 20 Questions [INTERVIEW]

Ilja Kaler plays Sibelius Violin Concerto in D minor, op.47

Ilja Kaler plays Sibelius Violin Concerto in D minor, op.47

Ilya Kaler Plays Sibelius Violin Concerto 1985 MVT I Part 1

Ilya Kaler Plays Sibelius Violin Concerto 1985 MVT I Part 1

コメント

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z