Chien Tan (チエン・タン)

ヴァイオリニスト カナダ (Canada)

Chien Tan (チエン・タン)。カナダの女性ヴァイオリニスト。

カナダのノバスコシア州出身。クリーブランド音楽院で学士号を取得し、夏にはENCORE School for Stringsで研鑽を積んだ。これまでにデイヴィッド・セロとデイヴィッド・アッパーグラフに師事。カリフォルニア芸術大学で全額奨学金を受け、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーであるエリザベス・ベーカーに師事し、修士号を取得した。1999年9月、オレゴン交響楽団にセカンド・ヴァイオリン首席奏者として入団。最近ではシアトルのTeatro ZinZanniに出演し、即興コメディ、ボードビルレヴュー、音楽、ダンス、そしてサーカスの要素を取り入れた革新的なパフォーマンスを披露した。ヘンリー・マンシーニ・インスティテュート・オーケストラ(ジャズオーケストラ)のコンサートマスターを務め、ロサンゼルスのフォックスとワーナーブラザーズでスタジオ録音ミュージシャンとして活躍している。2005年3月には、ナショナル・パブリック・ラジオの「All Things Considered」に出演し、トレブル・ヴァイオリン(通常のバイオリンより1オクターブ高く調弦された20世紀の楽器)を演奏した。2005年3月、ナショナル・パブリック・ラジオ「オール・シングス・コンサイドド」に出演、ヴィヴァルディの協奏曲「金魚」をとレブル・ヴァイオリンで演奏するミュージックビデオを制作するなど、同世代を代表するトレブル・ヴァイオリニストの一人として活躍している。23歳でパシフィック・シンフォニーのセクション・ヴァイオリンを5年間務めた。オペラ・パシフィック、サンタバーバラ室内管弦楽団、ロングビーチ交響楽団、キーロフ、ジョフリー、ロイヤル・デンマーク・バレエ団などのオーケストラと共演。1999年にはグラミー賞のオーケストラと共演し、故ルチアーノ・パヴァロッティ、ヴィンス・ギル、セリーヌ・ディオン、エアロスミスのメンバーらと共演した。また、ジョシュ・グローバンのステージにも出演し、ソニー・クラシックの2枚のレコーディングに携わった。この間、カリフォルニア州オレンジ郡の青少年オーケストラのヴァイオリンと弦楽器のコーチも務めた。 オレゴン交響楽団の弦楽四重奏団のメンバーでもあり、同交響楽団の首席奏者を迎えての演奏も行っている。グランドティトン、オレゴン・バッハ、コロラド音楽祭に参加。

"チエン・タン"のおすすめYoutubeビデオ

Vivaldi Goldfinch on Treble Violin

Vivaldi Goldfinch on Treble Violin

コメント

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z