Hana Kotkova (ハナ・コトコヴァ)

ヴァイオリニスト チェコ (Czech Republic)

Hana Kotkova (ハナ・コトコヴァ)。チェコの女性ヴァイオリニスト。1967年5月3日生まれ。

チェコのオロモウツ生まれ。ヴァイオリン教師の父親から習い始める。5歳から地元の音楽学校で音楽を学び始める。9歳の時にヴィヴァルディの協奏曲でオーケストラデビュー。チェコで開催されたコシアン国際ヴァイオリンコンクールで入賞。オストラヴァ音楽院、プラハ芸術アカデミーでヴァイオリンの研鑽を積んだ。ワイマールでヴォルフガング・マルシュナーのマスタークラスを受講。ローザンヌではピエール・アモイヤルのマスタークラスも受講。奨学金を得て、スイスのグシュタードにある国際メニュイン音楽院でアルベルト・リジィの下ヴァイオリンの更なる研鑽を積んだ。メニュイン音楽院では、ユーディ・メニューイン、ニキータ・マガロフ、ジェレミー・メニューイン、ポール・コッカーなどのアーティストと共演した。メニューイン音楽院卒業後、スイスに定住。1997年にプラハのスプリング国際コンクールで第2位を受賞(第1位なし)。チェコの主要な音楽祭でソリストとして出演。これまでにマレク・ヤノフスキ、クラウディオ・アバド、ディエゴ・ファソリスなどの指揮者と共演。2002年には、マルタアルゲリッチから招待され、ルガノで開催されたマルタアルゲリッチプロジェクトに参加。2005年には、愛知万国博覧会でプラハを代表し、プラハ交響楽団のソリストとして活躍。2011年、イタリアの作曲家ルカ・フランチェスコーニのヴァイオリン協奏曲を演奏して、カーネギーホールでデビュー。2012年には、ニューヨークのリンカーン・センターでモートン・フェルドマンのヴァイオリンとオーケストラのための作品のアメリカ初演を行った。

"ハナ・コトコヴァ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ハナ・コトコヴァ"のおすすめYoutubeビデオ

Hana Kotkova, violin and Simon Mulligan, piano - Franck, Sonata in A Major

Hana Kotkova, violin and Simon Mulligan, piano - Franck, Sonata in A Major

Paganini Capriccio n°24

Paganini Capriccio n°24

Chevalier de Saint-George - Op 4 en Ré majeur

Chevalier de Saint-George - Op 4 en Ré majeur

Il trio Hana Kotkovà Mark Drobinsky e Lilya Zilberstein

Il trio Hana Kotkovà Mark Drobinsky e Lilya Zilberstein

Fabrizio Rosso - sound projection

Fabrizio Rosso - sound projection

おすすめアーティスト

official

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z