Celeste Williams (セレステ・ウィリアムズ)

ヴァイオリニスト カナダ (Canada)

Celeste Williams (セレステ・ウィリアムズ)。カナダの女性ヴァイオリニスト。

6歳でダルハウジー大学のフィリップ・ジョキッチ教授に招かれ、その2年後には交響楽団との共演でソロデビューを果たした。ヨーロッパ、北米、アジアで演奏活動を行い、交響楽団のソリストとしても活躍している。オーストリアのザルツブルクにあるモーツァルテウム大学でルーカス・ハーゲン、クララ・フリーダー・パンティヨンに師事し、学士号と修士号を取得した。これまでに北米、ヨーロッパ、アジア、北アフリカなど16カ国で公演を行っている。22歳の時には、マドリッドに行き、パガニーニの24の奇想曲をガット弦を使った独奏バイオリンのために録音した。コンサートマスターの経験は14歳からで、2010年にはローマのワールド・ユース・オーケストラで史上最年少のコンサートマスターとなった。2013年にはウィーン・クラング・シンフォニエッタの中国ツアーでコンサートマスターを務め、2015年にバート・ライヘンハラー・フィルハーモニーのコンサートマスターに就任した。また、カナダ東部で最も影響力のある20人の若者に贈られる「The Chronicle Herald's Top 20-somethings」の最年少受賞者にも選出された。イタリアのパドバ国際コンクールでは、「4ウェイ・デュオ」のパートナーであるパトリック・ポックマン・レオンと共に優勝し、オーストリアのザルツブルクではモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ全曲を演奏している。パトリックとともに、香港でディスカバリーベイ・ユース・オーケストラとディスカバリーベイ室内楽フェスティバルを設立した。 ヴァイオリニストとしても、ザルツブルグ・ピアノ・カルテット、カメラータ・ザルツブルグ、フィルハーモニー・ザルツブルグの主席ヴァイオリニストと共演している。

"セレステ・ウィリアムズ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"セレステ・ウィリアムズ"のおすすめYoutubeビデオ

Celeste Williams - Ravel Tzigane

Celeste Williams - Ravel Tzigane

Niccolo Paganini, Caprice 21, Amoroso

Niccolo Paganini, Caprice 21, Amoroso

Webern: Langsamer Satz - Kappelberg Quartet

Webern: Langsamer Satz - Kappelberg Quartet

Niccolo Paganini, Caprice 24 (Celeste Williams)

Niccolo Paganini, Caprice 24 (Celeste Williams)

Brahms Sonata for Piano and Violin in G Op.78 - Vivace ma non troppo

Brahms Sonata for Piano and Violin in G Op.78 - Vivace ma non troppo

Brahms Sonata for Piano and Violin in G Op.78 - Vivace ma non troppo

Brahms Sonata for Piano and Violin in G Op.78 - Vivace ma non troppo

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z