Rachel Kolly d'Alba (レイチェル・コリー・ダルバ)

ヴァイオリニスト スイス (Switzerland)

Rachel Kolly d'Alba (レイチェル・コリー・ダルバ)。スイスの女性ヴァイオリニスト。1981年5月21日生まれ。

5歳で初めてヴァイオリンとピアノのレッスンを受けた。ローザンヌ音楽院で学び、15歳でヴァイオリン指導と室内楽のディプロマを取得。その後、ベルンの音楽演劇大学でスロベニア人ヴァイオリニストのイゴール・オジムに師事する。ヴァイオリンに加えて、ジャン・バリサにオーケストレーションを、ジュネーヴのマイケル・ジャレルに作曲を、ブルーノ・カニーノに現代室内楽を学びんだ。また、Franco Gulli(ブルーミントン)、トーマス・カクシュカ(Alban Berg Quartett)トーマス・ブランディス、ハンスハインツ・シュネーベルガー、イヴリー・ギトリスのマスタークラスを受講した。12歳でソリストとしてデビュー。最近では、NHK交響楽団、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団、ローザンヌ室内管弦楽団、BBCフィルハーモニー管弦楽団、ベルン交響楽団、ロワール国立管弦楽団、RAI国立交響楽団、レアル・オルケスタ・セビリア、ベルン室内管弦楽団、イエナ・フィルハーモニー管弦楽団、スイス・イタリアーナ管弦楽団、リトアニア国立交響楽団、ビエンヌ室内管弦楽団、トゥールーズ室内管弦楽団、ケルンWDR交響楽団、フランクフルト放送交響楽団、ビール交響楽団、フリブール室内管弦楽団などのオーケストラとソリストとして共演。また、フランソワ=グザビエ・ロス、パスカル・ロフェ、ジョン・アクセルロッド、ドミトリー・キタエンコ、ダニエル・カフカ、ローラン・ジャンドル、カスパー・ツェンダー、ジャン=ジャック・カントロー、ツォルト・ナギー、エルヴェ・クロップフェンシュタイン、マルク・キソッチーなどの指揮者と共演している。グシュタードのメニューイン音楽祭、ディボンヌ音楽祭、ロヤンのヴィオロン・シュール・ル・サーブル音楽祭、シカゴのベートーヴェン音楽祭、エステの国際音楽祭、エレバンの現代音楽祭、シュレスヴィヒ・ホルスタイン音楽祭、マントン音楽祭、ブエノスアイレスのコロン劇場のモーツァルテウム音楽祭、チリのシガール音楽祭、フランドル国際音楽祭、ムルテン・クラシック音楽祭など、著名な音楽祭に定期的に招かれている。トリスタン・ムライユ、エリック・ゴーディベール、フレデリック・ペレテン、ヴァランタン・ヴィラール、フレデリック・ダネル、マルコ・アッティラ、カトリン・フラウチガー、ジョナス・コッハー、ブリス・カザリンなどの作曲家の新作を数多く初演している。ワーナー・クラシックスと契約し、ウジェーヌ・イザイの6つのヴァイオリン・ソナタを収録した最初のCD「Passion Ysaye」をリリースした。ソリストとして指揮者のジャン=ジャック・カントロフおよびジョン・アクセルロッドと共演した「フレンチ・インプレッション」で、サン=サーンス、ショーソン、ラヴェル、イザイのバイオリンとオーケストラのための音楽を収録し、権威ある国際クラシック音楽賞(ICMA)2012のコンチェルト部門で年間最優秀録音賞を受賞した。2012年10月には、アクセルロッドが指揮する国立ペイ・ド・ラ・ロワール管弦楽団とガーシュウィン、バーンスタイン、ワックスマンといったアメリカの作曲家の作品を収録した「アメリカン・セレナーデ」をリリースし、フランスのDiapason誌やBBC誌で5つ星の評価を受け、2013年にはICMA賞にノミネートされた。2013/14シーズンは、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、ケルンWDR交響楽団、hr-Sinfonieorchester(フランクフルト放送交響楽団)、ボーンマス交響楽団など、世界の主要オーケストラとソリストとしてコンサートを行った。2014年にロンドンのウィグモア・ホールでデビュー。2015年2月にショーソンとフランクの作品を収録した「Fin de siecle」をリリース。2017年9月にリヒャルト・シュトラウスとギヨーム・レクーの作品を収録した「Lyrical Journey」をリリースし、ICMA賞の室内楽部門で2018年のベストCDにノミネートされ、Supersonic Awardを受賞、French Diapason Magでは5つ星を獲得した。

"レイチェル・コリー・ダルバ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"レイチェル・コリー・ダルバ"のおすすめYoutubeビデオ

Rachel Kolly - Bach - Tempo di Borrea in B minor from Partita 1 in B minor, BWV 1002

Rachel Kolly - Bach - Tempo di Borrea in B minor from Partita 1 in B minor, BWV 1002

Mädchenblumen, Op. 22: No. 3, Epheu (Arr. for Violin and Piano)

Mädchenblumen, Op. 22: No. 3, Epheu (Arr. for Violin and Piano)

Rachel Kolly d'Alba plays Ysaÿe sonata n°2

Rachel Kolly d'Alba plays Ysaÿe sonata n°2

Franck : Sonate pour violon et piano, par Rachel Kolly d'Alba et Christian Chamorel

Franck : Sonate pour violon et piano, par Rachel Kolly d'Alba et Christian Chamorel

Rachel Kolly d'Alba plays Ysaÿe sonata n°3

Rachel Kolly d'Alba plays Ysaÿe sonata n°3

Rachel Kolly d'Alba, Interview about Ysaÿe all sonatas

Rachel Kolly d'Alba, Interview about Ysaÿe all sonatas

TVRL Interview: Rachel Kolly d'Alba, december 2008

TVRL Interview: Rachel Kolly d'Alba, december 2008

Rachel Kolly D'Alba et Philippe Girardin créent un violon d'après Stradivarius

Rachel Kolly D'Alba et Philippe Girardin créent un violon d'après Stradivarius

Philippe Girardin ajuste le Stradivarius de Rachel Kolly D'Alba

Philippe Girardin ajuste le Stradivarius de Rachel Kolly D'Alba

Rachel Kolly d'Alba - french TV news - France3

Rachel Kolly d'Alba - french TV news - France3

Rachel Kolly d'Alba meets Jacques Ysaÿe

Rachel Kolly d'Alba meets Jacques Ysaÿe

Rachel Kolly d'Alba - "Passion Ysaye"

Rachel Kolly d'Alba - "Passion Ysaye"

La Culture - Latele ch - Rachel Kolly d'Alba Interview. 03.10.2011

La Culture - Latele ch - Rachel Kolly d'Alba Interview. 03.10.2011

Rachel Kolly d'Alba en Live

Rachel Kolly d'Alba en Live

Rachel Kolly d'Alba: "Passion Ysaye" - Sonata no. 3

Rachel Kolly d'Alba: "Passion Ysaye" - Sonata no. 3

コメント

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z